栄中日文化センターの生涯学習の講師をしました

IMG_1972.JPGIMG_2455.JPG生涯学習1.jpg

 

愛知県、栄駅にある中日文化センターの講師をさせていただきました。

三ヶ月に渡って、月1回、全3回のカリキュラムで

「ソロキャンプ」の授業です。

今まで、ソロキャンプやキャンプを室内で説明したことはなく、

生涯学習という新たなジャンルで、

男女年齢層幅広いなかで、何をみんなが知りたいのか

どうしたら楽しんでもらえるか、次につながるかを考えて

正直悩んで苦しい時間もありました。

 

1回の授業が一時間半、

全3回で4時間半。

 

キャンプでいうと、デイキャンプくらい。

 

「外だったら、こうしてあーしてこれできるなぁ」と、

いつもできることができないことに、頭を悩ましました。

 

でも視点を変えれば「外じゃないからこそ伝えられること」がある。

 

視点を変えて、手法を変えることにしました。

(授業の細かい内容については、第二回の教室が終わり次第レポートします)

 

授業を受けてくれた方たちが、全3回の授業に対して

どういう感想をもってもらったのかは正直わかりません。

他の講師の先生と比べたら、本当に未熟だったと思います。

 

だけど、わたしが未熟な分、

今まで出会った素敵なキャンプやアウトドアを愛する人たちから

お力添えをもらった授業だとも思っています。

なので、ライブ感がありながら

少しでも楽しんでもらえたんじゃないかと

不安もありつつ、

とてもとても充実した気持ちでいます。

 

自分のことではなく

わたし(たち)の目標は、

「キャンプを文化にすること」

 

文化にすることによって何が変わるかはまたいつかの機会に、

どこかで話したいと思っていますが、

そのために、できること、

もっともっとやっていきたい。

 

この度素敵な挑戦できるご依頼をいただけた

中日文化センターの青山様、本当にありがとうございます。

次回、授業もがんばります。

 

この授業にあたって、無理難題をお願いしたのにもかかわらず快く受けていただいた

株式会社タノシナル様

カタログ提供いただいた

コールマンジャパン様

テンマクデザイン様

キャプテンスタッグ様

ユニフレーム様

そしてスペシャルなお土産をくださったSOTO様

情報提供いただいた

日本オートキャンプ協会様

ガルヴィ様

また、わたしの背中を押してくれたいつも応援してくれてる方々に

改めてお礼を言いたいと思います。

本当に、ありがとうございました。

 

本当に今思うのは、

何歳でも、挑戦する、できる人生って

最高だなーって思います。

生涯学習って、そういう場所でしたね。

 

 

わたしも何歳になっても、いろんなこと学べる人間になりたいなぁと

自分も勉強させてもらえる授業でした。

あー!

よい人生にしていこう!

 

 

1.jpg

広告

最近のお仕事2018.2〜(雑誌)

Flair(帝京大学)表紙のコピー.jpg

Flair(帝京大学)のコピー.jpg

帝京大学フリーペーパー4コマイラスト

ランドネ4月表紙のコピー.jpgランドネ5月のコピー.jpgランドネ5月号 ミニマムキャンプページイラスト、テキスト

 

ビーパル4月表紙のコピー.jpgビーパル4月のコピー.jpg

BE-PAL 4月号

BESS広告記事

悩みと不安と

blog1.jpg

キャンプの効能なんてよくわからないけど、

焚き火を見てるとぼーっとするのは確かです。

そして若いときっていろんな悩みはあったけど、

今は(自分のことに関しては)悩むより行動しちゃうので、

不安はあれども悩みという悩みはない。

歳とったなー太ったなー、忘れっぽいなぁ。

落ち込むことはあれども、悩まない。

 

あれ、これも実は総じてキャンプの効能なのか…?

 

カフェでキャンプ時間を過ごす”ガールズベースキャンプ2018″を開催しました。

IMG_0011

折り紙少年に教えてもらったPANADAテント

2018年、節分の日に

「ガールズベースキャンプ」が行われました。

 

IMG_0428

アウトドア好きが集まるカフェ&バー

水道橋BASE CAMP をお借りして、

キャンプ好き、外好きな女子たちが集まって

美味しいごはんを食べたり、お酒を飲んだり、

IMG_0006

ものづくりに励んだり、

外やキャンプのモチーフ中心にした、刺繍、抜染(藍染したものから好きな形に色を抜く)、消しゴムはんこつくりなど、好きなワークショップを選べます。

 

ものづくりって、気持ちがよくて集中すればするほど無心になれる。

そんな時間を誰かとシェアできて、すぐに見せ合えるところも、

こういったワークショップの楽しさの1つなのかなぁと思います。

 

いっぱい頭を使ったら、美味しいスイーツも食べれます。幸せです。

 

 

一体なにがキャンプなのか、というと、

いつもわたしたちがしているキャンプが、”こんな感じ” なのです。

 

CIMG1568.jpg

ごはんを食べたり、のんびりしたり、ものづくりに没頭したり、

それを外で楽しむだけ。

風で木々がゆれる音や、鳥の声や、湖がゆれる音、

全身で自然のBGMをバックに

何かに無心になって、ふと気づいておしゃべりをかわす。

そんなキャンプの時間を、わたしたちは過ごしています。

CIMG1667.jpg

のんびりとした空気のなか、開催されたガールズベースキャンプ。

今回来れなかった方も、いつか足を運んでもらえるとうれしいです。

 

今度は外でできるといいな。

 

 

 

ーーーーー

このイベントに声をかけてくれた

トシュカ

またソトツククラブのみなさま

フードご協力いただいた

風森美絵さま

スイーツご提供の

カミナリおかしさま

おソーメンさま

本当にありがとうございました!

また、場所を貸し出ししてくれました

BASE CAMP様

いつもありがとう

 

そして、何よりガールズベースキャンプに

お越しいただいた皆様、本当にありがとうございました!

楽しんでいただけてたらうれしいです。

今度はフィールドでお会いしましょう!

 

 

 

漫画本でます!今度はカメラ!

キャンプ、日本酒と引き続いて

次なるテーマは

「一眼レフカメラ!」

 

タイトル「カメラ、はじめます!」

多趣味かよ!笑

とつっこまれそうですが、

 

どちらかというと、

この本を作るにあたった結果として

カメラが趣味になりました。

 

 

今から1年以上前に

サンクチュアリ出版の編集の女の子から

「難しいカメラのイメージを覆すような、

誰でもできるようになれる一眼レフカメラの本を作りたいんです!

こいしさん一眼レフ学んでみませんか?」

と言われたのがきっかけです。

 

一眼レフには興味があったものの、なんか正直難しくて

絞りとかISOとか一体なんのことやらと、

まずカメラを買うところからも何を選んでいいのかわからない!

って感じだったのでなんとなーく避けてきちゃってたんですが。

職業柄、キャンプで素敵なシーンを見ていると

「これが写真におさめられたらなぁ」とか、思ってはおりました。

 

確かにカメラの入門書を買っても、ちょっと難しい。

もしその入門書よりわかりやすい入門書があったなら、

魔法のようにさらっとかっこいい写真が撮れる技があるなら。。。

 

と、思ってさっそく一眼レフカメラを購入しました。

なので、わたしがカメラを選ぶところからこのお話しははじまります。

つまり、なんとなくかっこいい写真に憧れているけど

難しそうだからスマホでいいや!って思っている人に見てもらいたい漫画です。

 

実際に、編集の子と今回監修していただいている鈴木知子先生と一緒に

横浜や都内をうろうろ歩きまくり

写真を撮って習ってからの、実録となっています。

(内容や登場人物はフィクションがあります)

 

まだまだカメラは勉強中ですが、

一番カメラを学んでよかったことは、

同じ時や場所でも

一瞬一瞬を当たり前だと思わずに、

常に新しい視点で世界を観れることができるようになったこと。

イラストを描く上でも、役に立った気がします。

 

いや、イラストは変わらずゆるゆるなんですけどね!

 

来年こそは、何かはじめたいなぁと思っている方

是非書店で手にとってみてくださいませ。

 

1月8日発売、

amazonで予約中です

http://amzn.asia/cwZlVqF

 

ーーーーーーーーーーーー

 

■「カメラはじめます!」
2018 年 1 月 8 日 発売 発行・発売 サンクチュアリ出版 価格:1,200 円+税


こいし ゆうか(著者)

イラストレーター。 またキャンプコーディネイターとして、雑誌やラジオ、テレビなどで企画・コーディネイ ト・プロデュースを行う。 これまでキャンプで日本全国、さらに世界各地で、素晴らしい 景色を見てきたのにいい写真が全く残っていない後悔から、ついに一眼レフカメラデビュ ー。著書に『キャンプできちゃいました。』『日本酒語事典』など。

鈴木知子(監修)

フォトグラファー。
東京工芸大学短期大学部卒業後、広告撮影プロダクションに入社。 コマーシャルフォトを中心に活動後、独立。講師、書籍の執筆、写真コンテストの審査員 など幅広く活動している。著書に『すずちゃんのはじめてのカメラとレンズ』、『写真が上 手くなる 52 の宿題』など。

 

最近のお仕事20171209

612UmF6fONL._SX354_BO1,204,203,200_.jpg

肌寒い季節に、ちょうどいい本ができました。

5本指ソックス履くだけで体が温まるのを感じました。

試してみた漫画を2P書きました。

 

靴下本_koishi_nyuukou.jpg

 

また、埼玉県長瀞にあります。

宝登山神社のMAPを書かせていただきました。

ハイキングも楽しめる大きな神社です(寺もある)

たくさん配っているようなので、ぜひ初詣などでお越しください。

神社MAP07.jpg

初詣かぁ。

あっというまに12月。

2017年はひたすら走っていた気がします。

 

今は一冊の本をもう少しで描きあげれそうなので、

終わったらキャンプと旅三昧の冬にしようかなぁと思っています。

 

ーーーーーーーーーーー

他のお仕事

インタビューを受けました/トレファクスポーツ

https://www.tfsports-kaitori.com/lp/camping_treasure/article01_1.html

ちょこっと載りました/ランドネ

DPJSS_5VoAENklL

ラジオ出演を月1しています。

http://blog.fmyokohama.jp/.s/theburn/2017/11/post-766f.html

声優さんと告知動画に登場/ゆるキャン

 

 

 

 

最近のお仕事/イラスト

だいぶ遅れてしまいましたが、

KADOKAWAさんから出版された書籍の漫画を書かせていただきました。

ちょっと過激な?タイトル

内容に合わせた漫画を書いたので、中身はじっくりと読ませていただきましたが

全ての心や体の問題は、体の内部からやってくるもので

その声を敏感に感じ取って、体の内部の危険だよっていう信号に応えてあげながら生きると

こんなにも気持ちが楽になるよーという、お話です(わたしてき解釈)

 

なかなか時間の制約や、仕事やつきあいで、自分っていうものをおざなりにしてしまいがちで

とても難しいことでもあるんですが、

周りから、少しわがままだな、自由にふるまう人だな、と思われても

自分を大切にできるのは自分だけなので、とても大切なことが書かれているなぁと感じました。

 

自分を大事にするっていう言い方が、なんだか過保護で甘やかしや、自意識過剰に感じてしまうなら

もう一人の自分である、子宮を大事にしてあげようね、っていうことなのかな、と思って、

子宮ちゃんを擬人化してあげる漫画にしました。

 

子宮の声は、自分の内部の声なんですよね。

 

やっぱり過激に見える(笑)

 

最初は、子宮ちゃんをめんどくさがっているタイプの違う二人が

この本の著書である子宮委員長はるさんと出会って、どう変わっていくか。

 

楽しんでいただければ幸いです。